医者の力で身長を伸ばす

しかし、どれほど懸命に身長を伸ばす方法を模索し、実践したところで、残念ながら身長が伸びない場合もあるんです。



このような場合、どこに相談するのがよいのでしょうか。





まず医者に相談するのが一番近道でしょう。



もっとも有効な手段と言えます。



医者は患者の状況を的確に診断し、治療方針を決めていきます。



万が一、身長の伸びない理由が、その医者の専門外分野が原因の場合、「セカンド・オピニオン」という方法をお薦めします。







セカンド・オピニオンとは、簡単に言えば「患者である自分にとって、医者の提示する方法が最良の治療法であるかどうか、別の医者にも相談してみる」という方法です。



ときどき自分の診断が気にいらないのかと、いい顔をしない医者もいますが、基本的にこれを医者が断る事はできませんし、患者はみな平等に、セカンド・オピニオンの権利を持っています。





患者は医者の考えに関係なく不安や心配を解消したいという欲求を持っています。



これで本当にいいのだろうか? もっとよい方法があるのではないか? と模索します。



そんなとき、患者はこのセカンド・オピニオンの権利を行使するべきなのです。







また一方で、医者に相談した結果、投薬などの対応ができないと診断された場合、最終手段として整形という方法もあります。



整形手術を行う事はリスクが高く、個人的にはあまりお勧めできる方法ではありませんが・・・。