身長を伸ばすことは大切?

さて、ここまで、身長を伸ばすための様々な方法を取り上げてきましたが、最後に、「身長というものは人工的に手を加えて伸ばすべきものなのか」という点について考えたいと思います。





「身長とは、その人に与えられた運命だ」と私は考えています。



背が高い、低い。



体重が重い、軽い・・・これらはすべて外見的なその人の特徴でしかありません。



しかし、身長が低いということは、それだけで大きなコンプレックスになってしまうのも、私は一番よく分かっているつもりです。



それでもなおかつ、人工的に何かに頼って背を伸ばす方法には、根本的な違和感が伴うのです。







確かに病的なまでに、身長が伸びなかったり脚の長さが左右大きく違ってしまう場合、外見的な理由だけでなく、生活にも大きな支障を与えます。



そのような場合、医者の診断をあおぎ、治療を取るというのが当然の方法といえるでしょう。





しかし、「もうちょっと背が高かったら可愛い服が着られるのに」とか、「モデルの夢を叶えるために、脚を伸ばしたい」とか、本質的ではない理由で、整形手術などの方法に頼ろうとする若者が少なからずいることに対しては、軽率であり嘆かわしい事実であると感じています。







整形手術など、リスクの高い方法に頼らず、子供のうちに正しい生活習慣を身につけ、栄養・運動・睡眠を十分に取ることで成長をうまく促してほしい。



そう願ってなりません。