背を伸ばすことと骨の関わりを知る

骨は物理的に背を伸ばすことや、成長と密接な繋がりがある部分です。



そしてこのことを考える上で最重要視すべき部分が骨端線です。



この骨端線というのは、骨と軟骨の境界線を指します。



そして、この骨端線が確認できる間は背を伸ばすことに期待が持てると言われています。



ここでは、この骨端線が通常、何歳くらいまで残っているのか? また、確認方法にはどのようなものがあるのか? その二点について焦点を当てていきましょう。







まず骨端線が残る年齢についてです。



これには男女で違いがあると言われていますが、だいたい16歳くらいまでと考えられています。



例外的に、成人を迎えても残っているというケースも見られるようです。



また、この骨端線の有無が成長期を表しているとも言われています。



ただし、もう残っていないからと言って、あきらめる必要はありません。



その他の問題を解消することで、背を伸ばすことが望める場合もあるのです。



骨端線だけの問題で諦めてしまうというのは、勿体無いといえます。







次に、骨端線の確認方法ですが、率直に言えばレントゲン撮影をすることによって簡単に確認できます。



骨端線は腕や脚の骨の端に入った線ですが、無くなっていれば確認できないので、すぐに分かることでしょう。