成長ホルモン注射の効果と治療の方法

「成長ホルモン注射」の存在をみなさんは知っていますか?言葉だけは聞いたことがあるという人が多いと思いますが、実際に体験された方や、詳しい内容まで分かるという人は少ないと察します。







人前項まででお話したのように、私たち人間の成長ホルモンは、脳の下垂体から分泌されるホルモンの一つ。



成長ホルモンは体の成長促進を促す重要な役目を担っています。



また、この成長ホルモンは、一般的には身長を伸ばす効果があることも分かっています。



しかし、もちろん成長ホルモンの役割は身長を伸ばすだけではないのです。



身体の全ての成長、例えば臓器や皮下組織などに対して重要な役割を果たす、体にとっては必要不可欠なものなのです。



その成長ホルモンの分泌が不足している状態を補足するのが「成長ホルモン注射」なのです。







一生涯に渡って、成長ホルモンは分泌されるのが普通ですが、特に幼児期から思春期に多く分泌されるといわれています。



では、成長ホルモンの分泌が不足すると、どのようなことが起こるのでしょうか。



実に多くの問題が発生するのです。



例えば、子どもの成長過程においては、成長ホルモンの分泌が不足すると、身長の伸び率が悪くなるという病気があるのです。



「低身長症」と呼ばれる病気をご存知でしょうか。



この「低身長症(成長ホルモン分泌不全低身長症)」と医者から診断されると、長期にわたって、成長ホルモンを注射を用いて身体に補っていく治療をすることになります。



成長ホルモンは主として肝臓に働きます。



そして、軟骨細胞を増殖する作用を分泌し、骨の成長を促進しているのです。



もっと言うとダイレクトに軟骨細胞にも働きます。



さらに加えて、大腿や腕の骨に働きかけ、骨を長くする作用を持っているのです。







ではどうして、成長ホルモン治療は注射なの?という疑問が湧く方もいらっしゃるでしょう。



飲み薬では効果が見込めないのでしょうか?それには理由があるのです。



成長ホルモンはたんぱく質の一種なので、たとえ飲み薬で口から飲んだとしても、胃や腸で消化されてしまうのです。



ですから成長ホルモンを体内に確実に補足するために、皮下注射という方法が用いられるのです。



しかし、子どもが毎日の注射治療を、しかも長期間に行わなければならないとなると、心身ともに大きな負担を抱えることも気にかかりますよね。



ご両親の注射治療への決断もしかることながら、子供本人の大きな負担を抱えながら、根気良く長く続けると言った、精神面のケアもここでは大変重要になってきます。



また、注射の接種方法、費用の面や副作用なども配慮しなければなりません。







ここでは、子どもの成長ホルモン注射治療に関する不安を少しでも解消するために、私の娘の治療体験を交えながら、できるだけ詳細にお伝えしていこうと思います。







また、 成長ホルモンは、身長の伸びを促進する作用以外にも、皮下組織の水分保持という重大な役割があります。



その役割を利用して、成長ホルモン注射を接種することにより 「アンチエイジング(若返り)」に非常に効果が持てます。







現在、シワ・たるみ・ダイエット・バストヒップアップなどの美容に関して、たくさんの成人した大人がこの成長ホルモン注射を用いて効果を得ています。



成長ホルモンの量は、13歳頃から〜17歳がもっとも分泌され、その後急速に低下の一途を辿ります。



そして、20代後半には半減、それから30歳以降には10歳年齢がいくごとに約25%ずつ低下していくとさえ言われているのです。



25歳、ちょうど「お肌の曲がり角」といわれる時期を過ぎると、徐々に肌に弾力がなくなりシワが気になり始めると言われている。



これも成長ホルモンの水分を保つ作用が衰えるからだと理解できるでしょう。



そうした問題を抱えている肌に、成長ホルモン注射を接種すると、水分を保つ効果をもたらし、お肌がみずみずしく若返るのです。







今、ご説明したのように、成長ホルモン注射はたいへんよい効果をもたらしますが、必ず医者の診断に基づいた処方が必要となります。



近年ではインターネットで海外から個人輸入で手に入るこというルートも存在しているようです。



しかし、皆さんの予想される通り、そういった物を使用するのはリスクが高いです。



本来、成長ホルモン注射は安全な治療薬ですので、まずは医者に相談することをお薦めします。