低身長の治療における成長ホルモン注射

幼児から児童期の成長過程では、様々な領域において、著しい成長が見られるのは皆さんもご存知のことと思います。



なかでも「背が伸びる」という事に関しては、当たり前のことのようにとらえがちです。



しかし、年齢に応じた平均身長に比べて、極端に背が低い子どもがいるのも事実です。



また、背の高さだけでなく、背の伸び率が極端に少ない子どももいるのです。



そのようなケースでは「低身長症(成長ホルモン分泌不全低身長症)を疑うことも必要です。







<p>医者から「低身長症」と診断された場合の治療法としては、「成長ホルモン注射治療」があります。



体内に不足している成長ホルモンを補うため、成長ホルモンを注射を打つのです。



成長ホルモン注射の投与が始まると、例えば、治療前に年間3〜4cmだった伸びが、治療開始後の1年間では平均cmほどの伸びを示したりします。



もちろん、これがずっと続くわけではなく、この成長促進効果はその後は弱くなります。



しかし、それでも年々確実に伸びを観測しますので、気長に治療を続けることが重要といえます。



長きに渡って治療を続ければ、正常範囲の身長に近づく事も可能です。



この成長ホルモン注射治療は幼児つまり、3歳頃から可能です。







低身長に悩むのは、子どもだけではありません。



大人になってからも成長ホルモンを投与する事だってあるのです。



そうして背を伸ばす事も多少は可能なのです。



もちろん年齢にもよりますが、20代から30代の人の場合は2〜5cmの身長の伸びが期待できるようです。



ただし、個人差がありますので、注意しましょう。