成長ホルモン注射の接種法

今の時代では、成長ホルモン注射は自宅での接種が可能になりました。



ですから、自宅で成長ホルモン注射を保管し、自身で投与することができるのです。







この投与は、インスリンと同じように、毎日の皮下注射での治療をすることになります。



ご察しの通り、注射に慣れるまでは不快感があり、大きな負担を感じる方も多いでしょうが、皮下注射ですので痛みは比較的少ないと言えます。







低身長症治療での投与量は、体重1kgにつき、1週間に0.5単位が基準となっています。



成長期において、成長が正常な子どもの場合、睡眠の30分後くらいに大量の成長ホルモンが分泌されると言われています。



治療では、この正常の状態を模倣し、就寝前に成長ホルモン注射を接種するkとによって、睡眠後の成長ホルモン分泌を促進します。



この方法が自然ですし、また1番の理想の形と言えます。



事実として、1週間に同じ量の成長ホルモンを週2〜4回だけ注射するよりも、少量に分けて、しかし毎晩必ず就寝前に注射したほうが背を伸ばす効果があることが分かっています。







毎日の注射は、特に子供にとっては、体だけでなく、心にも大きな負担となることが予想されます。



最近では、なるべく痛みが少なく、安全で、また、誰もが正確に接種できる器具の開発が進んでいます。



なかには、針のないタイプのもので、圧力で接種することが可能な注射も開発されています。



また、昔に比べてその有効性も高まってきているようです。