成長ホルモン注射における副作用

成長ホルモン注射は、本来は、誰しもの身体の中にも存在している成長ホルモンの不足分を補足する治療です。



ですので、安全な治療方法といえるでしょう。



副作用はほとんどの場合ないと言えますが、体質によって副作用が生ずることもあるにはあります。







長期間、接種を行うので、接種している場所が青くなってしまったり、肌が固くなってくるという症状が見られます。



これは、接種場所の皮下脂肪が凹んでしまうからなのです。



これを防ぐためには、1度注射した場所は避けるようにして、次の注射を行うなど、工夫をしたいところです。



また、接種後に身体中に発疹が見られるケースもあります。



このような発疹が見られた場合は、患部に刺激を与えないようにして、まず医者に相談するのがよいでしょう。







また、体のだるさなども感じる人もいるようです。



しかし、この症状は、風邪や疲れなどの体調不良との区別がつきにくいようです。



もし症状が長引く場合は医者に相談することをお薦めします。



また、非常に稀なケースですが、成長ホルモンにより頭蓋内が圧迫され、頭痛や吐き気を感じる人も中にはいるようです。







成長ホルモンを補足することで、急激に身長が伸びた場合、関節の痛みが生じることもあります。



これは成長期に経験する痛みといえるでしょう。



誰しもが一度は経験したことのある痛み、いわゆる「成長痛」と呼ばれるものです。



膝や肘などに現れ、痛みに個人差はありますが、まず心配する必要はありません。