成長ホルモン注射接種中の注意点

成長ホルモンを接種中に、他の病気にかかっている場合はどのようにすればいいのでしょう。



風邪をひいている時の接種は特に問題がありません。



薬の服用も大丈夫です。



また反対に、体調不良を理由に、接種を1〜2日お休みしてもよいのです。



しかし一方で、成長ホルモン注射を接種してはいけない病気もあるのです。







糖尿病を患っている方は成長ホルモン注射を接種してはいけません。



なぜなら、成長ホルモンは血糖値を上げるので、糖尿病を悪化させてしまうのです。



必ず事前に糖尿病であることを医者に伝えてください。



また、悪性腫瘍のある方へも、基本的には接種が禁じられています。



これは、悪性細胞を増殖させてしまうという理由があるからです。



さらに、心臓や腎臓に病を抱えていらっしゃる方に接種すると、むくみが起こりやすくなります。



こちらの場合も、医者によく相談されるのがいいでしょう。







食事での注意点としては、当たり前のことのようですが、まず「1日3食」をきちんと食べることです。



成長を促進する栄養素のなかでは、特にたんぱく質が大切です。



もちろん、ビタミン類も欠かすことも避けたいですね。







そして、睡眠にも気を配りましょう。



就寝するとき、成長ホルモンは多く分泌されるのです。



ですから、成長ホルモン注射は、必ず時間を決めて、夜寝る前の同じ時間帯に接種することが理想なのです。



その実現のためにも規則正しい生活を心がけてください。