アンチエイジング(若返り)の成長ホルモン注射効果

成長ホルモンの分泌が大きく減少する20代後半から、お肌の皺やたるみがどんどん気になりはじめるでしょう。



そこで、成長ホルモン注射を投与し、成長ホルモン注射の役割である肌の水分保持を補足ことができるのです。



美容のための成長ホルモン注射は、1週間に4〜5回を目安にしてください。



1ヶ月で約8mg〜12mgを、若い人で約6ヶ月、少し年配の人で6〜9ヶ月間続けると効果が現れてくるでしょう。







また、成長ホルモン注射の作用として注目すべきことに、脂肪分解作用があります。



なかでも内臓脂肪に対しての働きがよく、お腹がへこんだり、体脂肪率が低下が見込めます。



また、エネルギー消費も促進しますので、ダイエットに効果的です。



さらに、皮下組織 の水分を保つ役割があるので、バストアップやヒップアップも期待できるでしょう。







疲労感が少なくなるというのが、成長ホルモン注射を接種してまず最初に感じる効果です。



普段よりも身軽に感じられるようになり、外出して運動したくなってきます。



そして、どのようなことに対しても楽しく感じ、気分も明るくなるのです。



注射によって、そのような精神的な変化も現れ、体だけでなく心も若返ることができます。







また、夜、ぐっすり眠れるようになるため、高齢の方は、夜尿回数が減ります。



さらに眼力が復活するというケースも耳にします。