低身長症

低身長症は、子どもの頃、特に成長期であるはずの時期に身長が伸びにくい病気のことです。



染色体や成長ホルモンの異常、また骨の異常など色々な要因が考えられます。



低身長症に分類される6つの病名を紹介します。



成長ホルモン分泌不全性低身長症、タ−ナ−症候群(女児に発症。



生まれつき性染色体の欠損がある)、軟骨異栄養症(長幹骨が化骨しない)、プラーダー・ヴィリ症候群(15番染色体の異常)、慢性腎不全に伴う低身長、SGA性低身長症、が挙げられます。



なかでも、ここでは成長ホルモン分泌不全性低身長症を取り上げ、説明したいと思います。







成長ホルモン分泌不全性低身長症は、その名前のとおり成長ホルモンの分泌が異常な状態を指します。



成長ホルモン分泌不全性低身長症とは、脳の下垂体から出る成長ホルモンの分泌量に問題があり、成長過程で色々と障害が生じる病です。



発症率は、男児1万人あたり2.14人、女児1万人あたり0.71人となっており、男女で比べると男児の方に多く見られます。



この病気のうち、約95%は特発性に分類され、発症原因が不明です。



約5%は、脳腫瘍(頭蓋咽頭腫)が原因で生じています。



またこれは稀ではありますが、遺伝性のものも中には含まれます。







知能障害の症状は皆無です。



出まれた時の体重も正常範囲内の場合がほとんどですが、幼児期の頃から成長の遅れが著しくなってきます。



身長の伸びが悪くなるのに加えて、成長ホルモンの分泌が足りないために、性的な成長も遅れるのです。



2次性徴である思春期の遅れが際立つため、外見としては、実際の年齢よりも幼く見えるでしょう。



身長の伸びに悩んだら、定期的に身長を測定し、成長曲線として記録しておくと、平均身長と比較してどの程度の身長の伸びなのかが一目で分かるようになります。



他の子どもよりも極端に低いケースや伸び率が良くないケースは医者に相談をし、検査を受けることをお薦めします。







内分泌医が専門の医者になります。



まずは一般的な検査、つまり問診や尿検査、血液検査をした後、成長ホルモン不全の疑いがあるケースについては、成長ホルモン分泌負荷試験を受けることになります。



この検査では、一定時間、何度か血液を採取するものなので、入院での検査で行われることもあります。



検査を受けた後の副作用などもありますので、日帰りで受ける場合は十分注意してください。







検査の結果、成長ホルモン分泌不全性低身長症と診断されれば、成長ホルモン注射での治療が開始されます。



成長ホルモンは本来人間の身体に分泌されているものなのです。



しかし、この病を持つ人は、成長ホルモンの分泌が悪いわけですから、注射で不足しているホルモンを身体に投与して補填するということになります。



在宅での注射になり、病院へ通院しての注射にはなりません。



しかしそうは言っても、注射の治療は子供にとっては、負担の大きいものです。



また、接種者である保護者の方にとっても非常に不安を感じることと思います。







しかし、現代では、比較的痛みの少ないものや、接種がしやすい注射器もたくさん開発がすすんでいますし、副作用の不安もほとんど解消されています。



ですので、成長ホルモン注射の接種での身体への負担はほとんどないのです。



しかし、子供が注射に慣れるまでの精神的な負担や、またその後の心のケアがとても重要です。



さらに、非常に長期での治療を持続されることになります。



ですのでやはり、保護者の方にとっても非常に大きな問題なのです。







治療は、早期に始めることが大切です。



ですから、ほんの少しでも身長について悩みを抱えていらっしゃれば、気軽に医者に相談することをお薦めします。



この相談が、第一歩です。



適切な年齢でしっかり治療を重ねることで、かなりの効果が出てきます。







思春期に平均身長にほんの少しでも近づけるよう、根気よく治療をしていきましょう。