低身長の目安とは

<p>他の同年代のお子さんと比較して、あなたのお子さんが身長が最も低かったり、まだ他の子が伸びている中で、身長の伸びが止まった場合、心配になりますよね。



前者で申しました、同年代のお子さんと比較して身長が明らかに低いときは、年齢それぞれの平均身長と比べてどうであるかチェックしましょう。



また、そのうえで低身長症ではないかと思った場合は、−2SD基準というのを参考にしましょう。



−2SDというのは、同年齢の子どもが100人いたとして、低い方から2人目くらいまでの子どもを指します。



言い換えると、2学年下の子供と比較しても、まだ身長が低いという状況です。



もちろん、クラスでは非常に身長が低く、前から2番目のお子さんと比べてもかなり身長の差が出てしまっているくらいに低いということになります。



当然、身長の伸びには個人差がありますよね。



しかし、低身長症の子どものケースで言うとそういった個人差の問題を差し引いても、極端に身長が低い状態なのです。



しかし、ここで注意したいのは、低身長症を疑う基準は身長の高さだけではないのです。



身長は−2SDの基準を上回る身長だとしても、一年を通しての身長の伸び率が悪い場合も心配の種となります。



幼児期から思春期前の児童期では年間で約5cmほどの身長の伸びが見られるのが通常です。



子どもの身長が−2SDの基準以下であり、さらに年間の伸び率も悪いと判断したときは医者に相談した方が賢明でしょう。