病院での検査と診断について

病院ではじめにすることは問診です。



生まれた時の状況から、これまでの成長状況、これまで患った大きな病気などについて質問されることと思います。



また、母子手帳などから、これまでの身長の記録を見て、成長曲線を描きます。



次に、身体の診察に移ります。



身体測定をして低身長の程度、例えば、実際にマイナス何SDかといったことを調べます。



そして、手のレントゲンも撮ります。



この検査では、骨年齢をチェックし、骨が正常に伸びているかを見極めます。



尿検査もあります。



睡眠中に成長ホルモンはたくさん分泌されるので、ちゃんと分泌されているのであれば、尿にその1部が排出されるはずなのです。



また、血液の検査では、一般的な検査である主要臓器が正常かどうかを調べることになります。



しかし、血液検査でもっとも重要なのは、IGF-I(ソマトメジンC)の測定です。



IGF-I(ソマトメジンC)は、成長ホルモンと非常に関係の深い成長因子と言われています。



というのも、これは骨を伸ばす、大切なホルモンなのです。



夜間に成長ホルモンが適切に分泌されていると、肝臓に作用してIGF-I(ソマトメジンC)が生成されます。



よって、IGF-��(ソマトメジンC)の測定は、成長ホルモンの不足しているかどうかがはかれるのです。



これらの検査をうけて、医者は総合判断します。



そしてこれらの検査は、スクリーニング検査と呼ばれます。