治療中に注意すべき点

糖尿病・悪性腫瘍がある・心臓・腎臓などに疾患がある場合は成長ホルモン注射治療はできない場合がほとんどだということを、はじめに述べておきます。



低身長症以外の病気がない場合でも、日常生活の中で風邪を引いたり、体調を崩してしまうこともあるでしょう。



そういうとき、注射はしてよいのでしょうか?成長ホルモンは元来、だれしもの身体の中にも分泌されているものですので、具合によって接種を見合わせなくてはならないという事は原則的にはありません。



でも、体調不良であるお子さんに、無理矢理、注射をさせるのは気の毒です。



そのようなときは、1〜2日であれば接種をお休みしても問題ありません。



また、原則として、その他の薬との併用も構いません。



成長ホルモン注射の効果を最大限に利用するために大切なことは、、規則正しい生活を送ることです。



子どもの成長ホルモンは、就寝中、とくにの眠りの深い時にたくさん分泌されます。



ですから、注射薬が最大の効果を生み出せるように、良質の睡眠が要ります。



早寝早起きを徹底し、生活リズムを整えましょう。



食事に関しては、たんぱく質やビタミン類は成長ホルモンを促してくれます。



栄養バランスのしっかりした食事を摂ることも重要ですね。