低身長症治療の副作用や治療効果

多くの場合、低身長症治療での成長ホルモン注射には、副作用が見られません。



しかし、治療の最初の段階では、頭痛や吐き気が見られることも、稀にですが存在します。



たいがいは、身体の変化による一時的なものですので心配しなくてもよいでしょう。



また、その他の副作用としては、骨や関節に痛みが出るということもあります。



身長の伸びにのために生じる「成長痛」であると言えましょう。



ですが、これは治療の効果が存分に発揮されている所以のものだと思われます。



いずれにしても、痛みの程度がひどかったり、また痛みが長引いている場合はまず、医者に相談しましょう。



しかし、病院でも治療を進めるなかで、副作用がないかどうか、確認していきますので、それほど心配する必要はありません。



注射針の跡が肌に残るという不安も特にいりません。



注射を接種する場所を、その都度、変えていれば接種した場所が「しこり」のように固くなる心配も防げます。



しかし、接種の場所によっては、青あざのようになるケースもありますが、時間とともになくなります

また、治療の効果のほどですが、成長ホルモン注射開始後、年間で平均8cm身長が伸びるようです。



その後は、伸びはゆっくりになりますが、治療前に比べると、身長は伸びは明らかです。



長きにわたって、少しずつ平均身長に近づいていくのです。