低身長と成長ホルモン

子供の背が伸びないという親の悩みをよく聞きます。疾患と判断してよいのでしょうか。ここでは低身長と成長ホルモンの関係から病気まで、幅広く見ていきます。

低身長が起きるわけ

低身長の原因はなんでしょう。低身長には成長ホルモンが深く関係しています。では、成長ホルモンに何らかの異常があるのでしょうか。

成長ホルモンの分泌異常が生み出す低身長

では、成長ホルモンの分泌異常によっておこる低身長症について、みていきましょう。典型的なものは、突発性低身長症で、遺伝性や病から来る低身長は少ないのです。

遺伝が原因で起こる低身長

次に遺伝性低身長ですが、症例としてはかなり稀ですし、現在報告されている家族はみな治療を受けています。ですので、もっとも注意しなければならないのは外的要因などによる下垂体の断絶や損傷です。

腫瘍や病気によって起こる低身長

腫瘍などによって生じる低身長は、脳下垂体部分に発生する脳腫瘍が原因になる場合があります。これにより下垂体が壊されてしまうと、体に必要なホルモンが足りなくなります。

低身長症の治療法

低身長の治療としては、外的に成長ホルモンを投与し、足りないホルモンも補填する必要があります。まず医者に相談するのがいいでしょう。