遺伝が原因で起こる低身長

続いて、遺伝による低身長を見ていきます。





この遺伝性の成長ホルモン分泌不全症は非常にレアです。



日本での報告件数は少ないです。



また、報告されている家族はみな成長ホルモン治療などを受けており、そこから遺伝ととらえるのは、困難です。





それよりも染色体が正常に働かないことで、発症する脳下垂体の発育不良や外傷性ショックによる下垂体の断絶を注目すべきです。







例を挙げるとすると、分娩時、逆子や仮死状態と言われる、産道に引っかかってしまい、窒息寸前の状態などで生まれたケースです。



これはまれにこれらの既往が原因で脳下垂体自体が完全に欠損していることも考えられます。





また、外的ショック、例えば交通事故が原因で下垂体と脳との接合部分が途絶え、成長ホルモンが作られなくなった場合です。



これらは二次的に脳下垂体が萎縮し、低身長を後天的に発症することにつながります。







また、遺伝子の染色体異常が原因の低身長も同じく下垂体の発育不良が起因します。



男性の持つDNAの染色体に異常が発生する率は、年に2%づつ上がっているのです。



それによって軟骨形成不全から来る低身長が起因してきます。





既往がある子供はMRIなどの精密検査を受けることもときに必要です。