低身長症の治療法

では、低身長の根本的治療の方法はないのでしょうか。





腫瘍等の疾病性の低身長のケースはどうでしょう。



まずは腫瘍を摘出し、摘出が全部完了すれば症状は改善されると言われています。



万が一、脳下垂体が壊されていた場合には、多くの不足したホルモンなど一緒に成長ホルモンも投与されます。







では染色体異常などの場合には、どんな治療が適切かをみていきます。





これらは外的にホルモンを補充、つまり投与するのですが、そのような方法で治療されます。



低身長の恐れがあるならば、男性で156cm以下の低身長の場合には,既往などの原因で成長ホルモンの分泌異常が発生している可能性があると疑ってみてください。





その場合には専門医に相談すればMRIでの脳下垂体の検査・骨年齢の確認・染色体の検査などをしたあとで、成長ホルモンに分泌異常をみられたとき、成長ホルモンを1日1回程度のペースで投与することになります。





しかし、治療でいうと、骨年齢が10歳以下の状態でスタートする必要があり、非常に早期での発見がカギです。



外科的に身長を伸ばすといった手術も存在するのですが、これは術後歩行障害などが発生する危険性も高く、医療機関での手術機会は必要に駆られて行う場合以外は原則的に行われていないのです。