子供が低身長と診断されてから

ではここから、低身長について詳しくみていきます。





まず、先に申し上げたように低身長の原因は3つです。



おさらいしますと、遺伝性・生活環境や栄養状態・疾患系となります。



なかでも遺伝性、疾患系については治療の方法が告示しています。



生活環境や栄養状態によるものについては、抜本的な環境改善そのものが治療につながります。



では、ここではこの生活環境による低身長を取り上げます。







生活環境が原因で生じる低身長症として、「愛情遮断性低身長症」が挙げられます。





本当なら、子供が受けるべき愛情を享受できなかったり、虐待や家庭環境の大きな変化によって、母子の関係が崩壊している場合に見られます。







子供は、親からの愛情を受けるべくしてこの世に誕生するのです。



ですから、生を受けたその時から、愛情を受けることを当然のものとして約束されているべきです。





しかし、親同士の離婚や再婚、親からの虐待など、現代では色々な理由で、その受けられるべき愛情が受けられない場合があります。



そんなとき、子供の成長速度が異常に低下してしまうのです。



親サイドの勝手な理由で壊された子供の権利は、親が責任をもつしかありません。







子供を植物に例えてみましょう。



植物も子供も注いだ愛情に正比例して、大きく素晴らしい成長をするのでしょう。