子供の低身長治療方法

続いて、内分泌系異常による低身長に移ります。







原則として、低身長と診断される人の3分の1程度が、この内分泌系異常が原因の低身長症になります。



では、分泌系異常とみなすためにはどのような診断が必要でしょうか。







まず、血液検査や尿検査など、基本的な検査と、手X線撮影が要ります。



その結果、骨年齢の成長の遅れが確認されると、ソマトメジンCという成分の数値検査と、2種類以上の負荷テストが続きます。



このソマトメジンCとは成長因子のことで、この数値が低い値を示したり、テストで成長ホルモンの分泌不全が認められると、「成長ホルモン分泌不全性低身長」と診断されるのです。







ソマトメジンCとは、成長ホルモンが肝臓や腎臓・骨などに作用して作られる成長因子のことです。



これが軟骨に作用することによって身長を伸ばすことが様々な科学的事実から分かっています。





ソマトメジンCの低い値を示すということは、同時に成長ホルモンの分泌がうまくいっていない可能性を示しています。





成長ホルモン分泌不全性低身長は、早く発見した上で、ホルモン治療を行うことが最大のかぎです。



低身長の治療効果を高めるためにも、早期に検査等を心に留めておいてくださいね。