要因の発見が遅れた場合

先程から繰り返し、「早期発見」「早期治療」と言っていますが、もちろん理由があります。





これまで取り上げた検査の中に、手X線検査というのがありましたよね?これは非常に大切な検査で、人の骨のある大切部分の検査をしています。



ここではこの手X線検査を投資手早期発見の重要性に触れたいと思います。



「親は背が高いから大丈夫」とたかをくくっているあなた。



あなたのお子さんひこそ、危険がはらんでいるのかもしれませんよ。







手X線検査は非常に大切です。



まず、手のX線写真を撮影することで、骨を見ます。



沢山の関節、そして軟骨も見えます。





どういうこと?と首を傾げていらっしゃる方もいますよね。



もっと詳しくお話しすることにしましょう。



骨は軟骨が骨に変わることで成長する、というと分かるでしょうか。



いわゆる成長痛が関節などで多く起こる理由は、この関節部分の軟骨が骨に変化していくからなのです。







子供の間はX線写真に軟骨が薄く見られます。



つまり、骨と骨との間に隙間があるように見えるのですが、実はこれは成長期の証なのです。





この隙間がなくなっていると、成長期は終わったと捉えることができます。



その場合、低身長の根本的治療法である成長ホルモンの投与を行っても期待できなくなってしまいます。