低身長症は病気なのか

これまで、低身長における色々な治療方法を見てきました。



低身長症が病であるということもわかっていただけたことと思います。





食事の見直しと同時に、日本人の平均身長は大幅に伸びました。



現代では高校生さながらの容姿を持つ小学生や、モデルさんの様な脚長の男性なども見られます。



身長はその人の人生を左右するほど、強い力を持っているんぼです。







「寝る子は育つ」とよく言われ、子供時代は、早くに寝かされていましたよね。



というのも、成長ホルモンは夜の10時から夜中の2時にかけていちばん沢山分泌さるのです。





睡眠不足は子供の成長にかかわります。



成長ホルモンの分泌が正常でない子供に関して言えば、もっともです。



ほんの少しでも子供の成長を期待するのであれば、できるだけ早く就寝させましょう。



栄養バランスのとれた食事をなど、生活習慣の改善からまず第一歩を踏み出しましょう。







実際、たくさんの子供たちが疾患性ではなく、悪い活習慣がゆえに、低身長をになっているとも言われています。



集中力が低くなり、運動機能が弱まるなど、子供たちの成長に関して、危惧されている今日、せめて病から来る低身長ならば早くに発見することで治療への道を進んでいただければと思ってなりません。