背の高い女VS低い男

「モデル体型」という言葉はよく聞きますね。



昔はきれいな女性の姿が「おしとやか」だったのに対し、現代は様変わり。



は「グラマラスで挑発的」といった印象に変わりました。



モデル体型とは、そんな女性の象徴といえましょう。





では、ここに一人、身長の高いモデル体型の女性がいると仮定しましょう。



細長く伸びた脚、くびれたウエスト、背丈は170cm超です。



では、この背の高い女性の視点で話を進めて見ましょう。



慎重の高い女性が日々感じること、悩みや苦悩についても考えたいと思います。







ではまず、この女性の背が伸び始めた経緯からたどりましょう。





出生時、彼女の身長は人並みで生まれました。



ご両親の身長も、平均より少し大きい程度です。



彼女は好き嫌いすることなく、なくなんでも食べ、のびのび成長していきます。



小学校高学年では、背の順で並ぶとクラスの最後尾。



男の子たちの食欲に負けないくらいの食べっぷりで成長期は続きます。



そして、高校入学の時にはいよいよ170cmに達しました。



二次性徴期のからは手足がすくすく伸びて、運動好きなこともあいまって、スレンダーで美しい姿になりました。



見事なプロポーションを武器にして、男性からのアプローチも絶えない学生時代だったでしょう。







現在、彼女のような女性は珍しくないといえましょう。



年代別にみた平均身長も、現在では160cm超。



人間の身長はどんどん伸びているのdせう。





わたし個人が感じることは、近年の10代・20代前半の方々に高身長の人が多いように感じます。



一部では運動量が減少したために成長したとか、家畜の成長に投与される薬品が体内に蓄積して遺伝的に成長因子が強化されてしまったのだとか、様々なことが言われてきましたが、高身長の女性、そして男性が増えていることは事実です。



時代の変化によって、食生活や生活スタイルが劇的に変化し、高度成長期にみられた、栄養の安定しない食事からは考えられない栄養価の高い食生活が実現したのです。







では、どうして身長は伸びるのでしょうか。



これからも永遠に伸び続けるのでしょうか。





身長は、人間の成長期とそれに合わせて分泌物に大きく関係してきます。



わたしたちには1次成長期と2次成長期があり、特にこの2次成長期が重要な成長の時間といえます。



2次成長期の頂点は平均的に小学校3,4年生から5,6年生にかけてといわれており、レアなケースではありますが、中学生になってから2次成長期を迎える子供がいるのも事実です。





2次成長期の特徴はといえば、女性では、乳房がふくらんできたり、体のラインが丸く曲線的になったり、大人へと変化をしていきます。



また、初経を迎えるのを境にして、身長の伸びは停止する傾向にあります。



身長の伸びへ影響するのは、2次成長初期に摂取する栄養、つまりエネルギーやホルモンの分泌が大変関係しているといわれています。







では、身長を伸ばす為に必要不可欠な、成長ホルモンとはどのような成分か見て美馬sy法。





成長ホルモンは、大脳の下にあるこぶのような器官、脳下垂体という小さな器官で作られます。



成長ホルモンは血管を通じて、あらゆる体の器官に作用し、例を挙げてみると、背が伸びたり、皮膚の新陳代謝を促したりもします。



成長ホルモンは、その分泌のピークが10代から20代の間にあり、その後は減っていくばかりです。



老化現象が起こるのはこれが原因です。







成長ホルモンを人工的に投与するアンチエイジングを使ったり、低身長症の治療に使ったり、多種多様な利用価値がいまでは見出されていますが、もともと減るものを、人工的に補ってもいいものかという異論もあります。



低身長治療に有効に利用する方法こそが、もっとも有効な利用法でしょう。



成長期を正常にむかえられなかった低身長症の人の身長が伸び、その上妊娠出産も可能になることもあるようです。