背の低い男とコンプレックス

男性はコンプレックスをかかえていました。



自分では気づかないほどのわずかなコンプレックスです。



しかし、このコンプレックスは胸に沈み込むような重さもhらんでいました。





男性にとって低身長ののコンプレックスは、ずっと続く呪縛のような存在です。



小さなころから長年にわたっていて、気にしなくともきにせざるをえない身長の差。



女性に見下げられていると感じてしまい、勝手にプライドを傷つけられ、「かわいい」などと言われて男としてのプライドもズタズタ。



男性のコンプレックスは、卑屈とも思えるような考えに陥ることもあるようです。







さて、先程の男性も同様に、彼女と付き合ううちにプライドを傷つけられたのでしょう。



身長の高い女性は高飛車で扱いにくいぞと、誤った視点で周りの友達や家族に女性のことを言いふらします。



男性がそうして女性のことを様々なところで話すことでお互いのプライドを大きく傷つけていることも気づかずに話してしまうのです。





プライドというのは残酷なもの。



自分のプライドを守るために他人を蔑み、妬み、自分のほうが相手よりも上だという無用の自信を勝ち取る道具として人をつるしあげてしまいます。



わが身のコンプレックスを隠そうと煙に巻こうとするのです。



それはテイのいいものではありませんし、非常に悲しい人間が動物であるが故の行動であることに、いったいどうすれば気づけるのでしょう。