背が低い事は悩みの原因なのか

私たち現代人の考え方は、偏っていると感じます。



たとえば、m身長のこと一つとっても、そう感じずにはいられません。





私の回りには、自分より背の高い人ばかりです。



私が最も小さな身長なのです。



このことについて「遺伝」とか、「偏った食生活のせい」などと考えた事は数え切れません。



しかし、ある年齢を超えたあたりから「これが私。



これが個性」と考えるように変化しました。







身長は、幼いころから私の悩みの種でした。



学生時代は身長が低い事で、常に友達から幼い子供の様接しられましたし、まるで愛玩動物さながらの扱いを受けていました。



自分が気が小さかったり、強い主張ができないのも身長のせいだと無理に理由をつけて納得させてきました。





しかし、年齢を重ねて自己分析が可能になると、それはただ単純な自我であって、逃げ以外の何物でもないことがわかったのです。







今回は、背が低いことに悩まされ続けた私自身の実体験を基に色々な身長の低いことによって生じる心理的葛藤などを挙げ、その感情の変化などをお話したいと思います。





では、身長差というのはどの辺で明らかに生じてくるのでしょうか。







突然ですが、私は小学校時分にモダンダンスの練習に通っていました。



6年間続け、その上、先生から許可されて特別コースにいけるほどにも上達しました。



週に3回、モダンダンスの練習に励んでいたのです。



平均3時間の練習時間。



ハードな練習で、3時間ほとんど動きっぱなしでした。



毎晩、9時近くまで練習漬けの日々でした。



もちろんそのほかのお稽古ごともありました。



水泳・ピアノ・塾など…今振り返っても、幼いながらに忙しい日々を過ごしていたのです。





その頃の私は今にも増して背が低く、2学年下の子に背を抜かれるほどの小ささでした。



母親も「もしや何かしらの病気ではないのだろうか」と心配するほどでした。



小学5年で125cmしかなかったのですから、それは心配されて当たり前でしょう。



身長が低いことのメリットはと思い出してみると、かくれんぼの時に見つかりにくかったといった程度です。



モダンダンスでも、体が小さいために「動きが小さい」とよく注意を受けました。



しかし、その分、背の高い子にも負けないだけの努力をしたからこそ特別コースに入れたのでしょうが。







その後、中学受験を期にあんなに頑張っていたモダンダンスもやめました。



そうすると、身長はたった1年で10cm近くも伸びたのです。





両親は、「成長期の栄養を、モダンダンスにひょって、運動に回しすぎたのだろう。



これから伸びる」と喜び、私を諭しました。



事実それから数年間、私の身長は伸び続け、とりあえず150cmには届くことができました。



しかし、私の妹は160cmもありますから、私はやはり成長しきれなかったと思わずにはいられません。







これらの事実を踏まえても、、成長期というのは小学校中学年くらいの間に訪れるのです。



そして、あっという間に頂点を過ぎてその子の身長はとまってしまいます。





一概にホルモン分泌の異常などでは無くても、その身長はその子にとって一生ものです。







身長が低い、つまり人より小さいという事は、あらゆる弊害と、支障を私に与えました。



それが人にとっては、それほどの悩みにならないことにしろ、私が感じた当時のコンプレックスは今も残らずにあります。





今まさに身長の低さに悩む人がいるならば、背の高い人を是非とも打ち負かすくらいのパワーを持ってほしいと願います。



これこそが自分の個性だと思い感じる事が出来るように、あなたとともにコンプレックスを破り、小さい事を特権と思えるように、これからお話したいと思います。