背が低いことで感じる劣等感

身長の高い同級生が、私を羨んでいたのとちょうど同じように、私も彼女がとてもとても羨ましかったのです。



細長い脚、小さく動いたつもりでも、鶴が羽を広げるように美しい手の動き・・・憧れを通り越して、腹立たしい位に羨ましかった事は今でも鮮明に覚えています。





身長が低いこと、それだけのことで、私は周りに劣等感を持っていました。



小さいから勝てない。



小さいから言えない。



小さいから聞いてもらえない。



根拠のない劣等感ですね。



人に勝てない悔しさを、背が低いことを理由に逃げていただけの話だと気づくこともなく・・・。







事実身長が低い事で劣等感を抱いている人は多いのです。



私の友人で、私よりも小さい子がいます。



彼女は、「私なんて何してもかなわないもの」という事をよく口にしていました。



それは卑屈になっているだけなのかもしれないのですが、学生時代の私達にとってそれはとても大きなことでした。





「内面さえ追いついていけば、背の低いことなんてどうにも挽回できるちっぽけなことだ」という事が分かったのは、歳を重ねて社会人になってからでした。



意味の無い劣等感ゆえに、私は学生時代を無為にすごしてしまったのではないか。



その後振り返ると、そんな風にさえ思えてしまいます。



身長の低い事は、それだけで人間自体を小さくさせてしまっていたのでしょう。