背が高い人をうらやむ気持ち

ただ、私のようにこうも背が低いと身長の高い人に憧れるものです。





身長の高い人は、きっとGパンの裾なんて切った事無いんだろうなぁとか、ブーツカットのブーツカット部分がほとんどなくなったような経験無いんだろうなぁとか、そんなことまで考えてしまいます。







そこで前項で書いた先輩に、以前この質問をぶつけてみたのです。



返ってきた答えは意外に驚くべきもので、「そんな事はない」との事だったのです。



わたしに気遣ってうそをついているのかと思って考えましたが、聞くと本当にそんなことは無いらしいのです。





それは実に単純な事でした。



「私は脚が短いの」たったその一言だったのです。







私はびっくりしたと同時に考えました。



確かに背が高い人に憧れます。



ただ、日本人は、たいてい脚はそんなに長くは無いのです。



また、背が高い人にコンプレックスがないというわけでもまたないのです。



その先輩は身長が低い私こそが、羨ましい存在だと言っていたことは、今も忘れられません。





人はないものねだりをします。



それぞれ自分にないものを他人に求め、同じように他人にある物が自分にないとふさぎこんでしまいます。



おかしな話ですが、これが事実です。



人は常に「隣の芝は・・・」状態でわがままな生き物です。



身長差カップルや体重差カップルと言うのはまさにこれらのことの象徴といえましょう。