背が低いという優越感

身長の低い自分とも、一生のお付き合い。



この事実に直面した時、私は自分の身長が低いことを嫌がる前に、自分の背が低い事の良い点はなんだろうと考えました。





嫌がったり、劣等感を抱いたりするのは考えれば、簡単な話です。



だって、ただ嫌いになればいいだけの話なんだから。



暗く考えれば済むだけの話なんだから、これほど簡単なことはありません。



一方で、背が低い事の優越を考えるのはそれはそれは時間がかかりました。



背が低いことは、もともと大嫌いで、もし可能であれば、背の高い友人が「いらない」と言った分を削って、自分の背に足したら私の背は高くなるんじゃなかろうか。



そんなおかしな事までまじめに考えていた程だったのですから。



そんな背の事を好きになろうというのは、難しい話でした。







優越は簡単には見つかりません。



先に述べた先輩に相談した結果、得られた先に述べた回答だけが、それから内外間、わたしの小さな身長の優越でした。



身長が低い事のコンプレックスは、それほどに長い期間、深く根をはやしていたのです。





今、30歳を目前に控えています。



そして、こう思うのです。



人生90年の時代になった現在、まだその3分の1も生きていない自分の背を「小さい小さい」と憂う前に、背の高い人が気づかないような日々の細かな変化に気づくことができるほうが大事なのではないか。



誰にも取れない才能を見出すことができるのは、小さいわたしだからこそ、できることなのではないかと。



これが時間をかけてたどり着いた私の身長が低い事の優越です。