背が低いことは悩みの種になりえるか。

私は真正面から自分の背の低さをと向き合い、受け入れ、その優越を見出すことで自分を好きになることができました。



身長が低い事は悩みになりえる当人にとっては、非常に大きな問題でした。





ただしかし、それによってその人の人生が暗くなり、陰鬱とした人生を歩むほど深刻ではないとも同時に考えています。



身長はただの外見的特徴であって、別段、内面では無いからです。







残念なことに、人は一つ劣等感を抱く原因があると、それによって関係のない内面までをも、卑屈で暗いものに変化させてしまいます。



また、才能のある身長の低い人は世の中を見渡せば大勢います。



身長が低くともその才能は溢れでてきます。



それはその人の外見ではなく努力であったり内面的な良さによって形作られているものだからです。





人が、身長が低いからこれはできない、あれもできないと、何かのせいにしないといけないのは、自分が向かう先が明確でなく、自信の無い証拠だと考えます。







少なくとも、昔の私は自分に自信がなかったといえます。



それは努力不足だということを、当の自分が最もよくわかっていたからかも知れません。



自分の強さ、とりわけ誰にも負けないものを見つけるのは、背の高いことや低いことではないのです。



個人の才能と、そして、また、その才能だけに頼らない努力こそが、強さだという事をしっかり覚えておかなくてはなりません。