低身長は武器になるのか、それとも悩みなのか?

低身長の悩みを抱えている人は、実は相当多いです。



日本人の平均身長は毎年、上昇傾向にありますが、それでも低身長の人の悩みはつきません。



特に男性で低身長の人は、大きなコンプレックスとなっているようです。



実は、男性の平均身長はここ数年、あまり変化がありませんが、女性の平均身長が男性の平均身長よりも急激な勢いで上昇している、という事実があるのです。



実際に街を歩いていても、身長の高い女性が増えてきていると感じます。







つまりこの事実を読み解くと、低身長の男性が余計際立ってしまうという事になります。



低身長は誰にも迷惑をかけない、自分一人の問題です。



しかし、社会では色々な人がいますし、一人で生きているわけではありません。



つまり、自然と男性の比較対象となってしまう女性が高身長になっていることで、自分の低身長が余計際立ってしまうのです。



だからこそ、低身長の人の悩みが、年々深刻なものになってきているのでしょう。



しかし、そもそも身長が低い、いわゆる低身長は、自力ではどうすることもできません。



同じように、体型の問題であっても、体重であれば、自分の努力次第で増やす事も減らす事も出来ます。







そもそも体重は、身長に比べて、生活習慣が大きく影響しているので、自分次第、しかも特別年令に関係なく変化させる事が科可能ですが、身長はまた別問題なのです。



しかも、成長期が終わり、身長の伸びが一旦止まってしまうと、それ以降は伸びません。



ですから、成長期を終えても低身長のまま、それはつまり、生涯その低身長と付き合わなければならないという事が言えるのです。



いつかは終る悩みであれば、一時的に我慢すればいいだけの話です。



しかし、身長は一生涯、自分の身につきまとい、その身長で過ごさなければいけない、ある意味厄介な代物です。



我慢すればいつかはその低身長も終るということは、残念ながら有り得ないのです。







成長期が終るとは、身長の伸びも終るという事を意味します。



ですから、成長期が終っても身長が低いままであれば、その身長と一生付き合わなければならない、つまりは生涯低身長のまま過ごさなければならないという事実に直面します。



たくさんの人が身長に対して非常に敏感になってしまうのは、そのためです。



世の中には様々な伸長方法がはびこっています。



しかし、そのどれもがまだまだ確実なものではありません。



しかし、それは裏を返せば、それだけたくさんの人の関心が集まっており、、





その伸長の必勝法が確立していないとも言えるのではないでしょうか。



「出来れば高身長になりたい」みんながそう願っています。



しかし、低身長のまま大人になってしまったという人も数多くいます。



しかも、最近では若者の身長が高くなっていますので、自分よりも年下の人間が高身長で、上から見下ろされる、なんていう厄介な事実も往々にして起こりえます。



こうした状況は、低身長の人にとっては少々息苦しい世の中ですよね。



好きで低身長でいるわけではないのに、低身長という事で馬鹿にされたり、三枚目に甘んじなければならなかったり。







そんな経験は、低身長の人にとっては、もう日常茶飯事になっているかもしれません。



低身長の人の気持ちは高身長の人には分からないもの。



しかし、だからといってどれほど嘆いても、不平不満をもらしても、我が身の身長が変わりません。



そう考えると、低身長というのは、ある意味非常に残酷です。



もし努力で直せるのであれば、低身長で嘆いている人はみな全身全霊で努力をする事でしょう。



特に男性にとって低身長というのは、コンプレックスになりうる大きな問題です。







しかし、成長期が過ぎてしまえば、そのコンプレックスと生涯付き合っていかなければならないのですから、低身長の問題というのは非常に残酷なのです。