睡眠と身長の関係

昔から「寝る子はよく育つ」と言われていますが、背を伸ばす上で睡眠は必要不可欠です。



背を伸ばす為には1日7時間以上の睡眠時間が必要と言われています。



しかしそれと共に、 眠りの質を向上させることが大切になってきます。







その理由としては、眠りには「身体を修復するノンレム睡眠」と「脳を活性化させるレム睡眠」という2種類があり、眠りについたばかりに訪れる「ノンレム睡眠」時に、成長ホルモンが1日のうちでいちばんたくさん分泌されるといわれています。



ですから、睡眠の質の向上が必要なのです。







私たちが簡単にできることの1つとして挙げられるのは、昼間に陽光をたっぷり浴びることです。



そして就寝前に、ホットミルクを飲んでみましょう。



さらに言うと、ホットミルクの中にハチミツを入れると、ミルクの中の眠りを誘う成分「メラトニン」が吸収されやすくなり良い睡眠に有効です。







反対に避けていただきたいのは、寝る前の食事です。



寝る前の食事は、内臓の働きを活発にしていまい睡眠にはよくありません。



さらに成長ホルモンはお腹がすいている時に主として分泌されますので、食事をしてしばらく経ってから就寝しましょう。







またストレスも睡眠を嫌います。



日々、ストレスをためないよう心がけることが重要です。