ハードな筋トレがもたらす悪い影響

成長期に筋トレに励むと背が伸びるのを妨げるといった話もよく聞きます。



誰もがそうだとおっしゃるほど、有名なことですよね。



今回はこの筋トレと背が伸びる事についての関係について迫ってみたいと思います。









筋トレを行う事により、筋肉がつくのは当たり前です。



身長が伸びるという事は、即ち骨が成長しているという事に言い換えられます。



筋トレが背が伸びるのを妨げるというのは、筋肉がつく事により、骨の成長が妨げられるからといった理由によるものです。



しかし、現実問題としては、ハードな筋トレ(たとえば、ボディビルダーが行うような!)を行わない限りは、特に問題はないのです。









筋トレは負荷が強すぎると、骨に負担をかけてしまいますよね。



しかし、正常範囲内で適切に行う分には、成長ホルモンの分泌を促進する効果もあるので、背が伸びる可能性が高くなるのです。



学生で運動部に入っている人だと、筋トレを日々行っていると思いますが、部活動における筋トレでそこまで厳しいものは考えにくいですので、それほど気になさらなくても平気です。









もしよほどハードであるというのであれば、部活動に対しても見直すポイントがあるかもしれませんが。