正座と身長との関係

今回は、正座と背が伸びる事の関係についてのお話です。









日本人で、正座をした事がないという人はおそらくほぼいないことでしょう。



正座は伝統的な日本人の座り方として受け継がれていますよね。



しかし、背が伸びるのを妨げてしまうといった問題点もはらんでいるのをご存知でしょうか。



運動においても言えることなのですが、背を伸ばすにあたって、膝や足に負担をかけるものはできることなら、避けていきたいのです。



このような観点からみると、正座に加え、あぐらなども注意したい座り方です。









背を伸ばす事を第一にお考えになるなら、椅子に座ることを心がけましょう。



また、椅子に座るときでさえも、姿勢などに気を使った方がいいのです。



背中の丸い猫背になってしまうと、実際の身長に関わらず、どうしてもビジュアル的にも身長が低く、小さな印象を与えます。



その辺りも一度意識してみましょう。









日本で生活する以上、正座をしなければならない機会というのはそうはいってもどうしても出てくるものです。



そのような場合には、足を伸ばしての休憩を、極力入れるよう心がけてください。



座り方を意識するだけで背が伸びる可能性も広がります。









個人差もありますので、正座をしたからといって絶対に背が伸びなくなる訳ではありません。



しかし、少しは影響しますので、避けた方が無難なのです。