背を高く見せる様々な方法

一般的に身長が高い事は良い事であると世の中では言われています。



身長が高すぎて悩んでいる方からすれば、そんな事もないと反対されるかもしれませんが、少なくとも現代社会においては、背が低い事のほうが一種のコンプレックスとなってしまうのです。



それほど、身長が高い事に対してはぼんやりとではありますが、良いイメージがあります。







では、どうして身長が高い事が良い事とされるのでしょうか。



男性の魅力はもちろん、身長が高い、低いといった要素で決定付けられるものではありません。



しかし、私たち人間は、視覚が強く、どうしても見た目で他人を判断してしまいがちで、背が高いと、すらりとしていて格好良い、と客観的には思えるのです。



他の理由としては、高いところに手が届くといったことや、バスケットボールなどの一部のスポーツにおいては有利になるなどのメリットもありますが、これは男性の魅力とは無関係でしょう。



要するに、単純な見た目や印象の問題でしかありません。







それにも関わらず、身長が低いという事に対してコンプレックスを抱えている方はあとをたちません。



イメージの問題でしかないにもかかわらず、イメージというのは意外にも、大切な要素となるようで、世の中的に「高身長=格好良い」といった価値観を共有している事によって、身長が低いと、「格好悪いんじゃないか」とか、「恋愛対象として見られないんじゃないか」とか、「人になめられているんじゃないか」などなど、どうしようもない不安を抱いてしまうのです。



そもそも、日本人男性はそれほど背が高い訳ではなかったのですが、生活スタイルを含めた文化そのものが、欧米化したことで、食文化も変わり、栄養状態が改善されました。



その結果、日本人の平均身長は大幅に伸びたのです。



昔は、、高学歴、高収入、高身長の3つから「三高」と呼ばれ、一世を風靡した事によって、日本人の高身長に対する価値観は確固たるものとなりました。



学歴と収入はおいておいたとしても、身長はそこまで勝手に制御できるものではないので、かなり理不尽だという意見には共感しますが、それでも一度根付いてしまったイメージを抜本的に覆す事は大変困難です。



残念ながら、低身長で悩む男性を増やしてきたのも一方で事実です。







その為、学生の頃から背が高くなるように牛乳を必死で飲もうとする方や様々なサプリメントをとる人、やジャンプ運動、猫背や骨盤の矯正などを行おうとする方がそれはそれはたくさんいらっしゃいます。



これらの努力には涙ぐましいものがありますが、体の問題ですので、個人差はつきものです。



これらの努力を行う事によって効果が表れる人もいれば、変化のない人もいますよね。



背を高くするにあたって必要なな三大要素は栄養と運動と睡眠です。



そして、これらを全てバランス良く保つというのは、とても難しいです。



もちろん、身長を高くする事にとどまらず、健康で豊かな暮らしを送っていく上でも、気を使って使いすぎることのないことですが、各人、置かれている状況も異なりますし、なかなか上手くいかないという方も多いでしょう。



それに、単純な印象の為にそこまで努力するのは面倒という方も多いでしょう。



しかし、そうとは分かっていても、世間の周りからの視線はそれ以上に気になってしまうものです。







こういった状況を打り破るにはどうすれば良いのでしょう。







答えは実に簡単です。



背が高くならないのであれば、背を高く見せるようにすれば良いのです。







今、身長が低いと悩んでいる方が多いという事もあって、背を高く見せるのに有効な商品や裏技が世の中には多くあります。



それらを効果的に使い、客観的に見たイメージをある程度統制する事はできます。



身長の問題を乗り越える事によって自信がもてるのであれば、これほど素晴らしい事はありません。







ただ、冒頭でも触れたように、男性の魅力は身長の高低によって左右されるものではありません。



やはり人間は内面の魅力の方がうんと重要です。



日常生活での振舞いや周りへの気配りに磨きをかけ、またおしゃれに気を使い、話術をたくみに・・・人間として魅力的になれるよう、努力したいものですね。