膨張色と収縮色における視覚効果を狙う

底上げ靴を履いて、物理的に背を高く見せる方法の他にも、服装におけるビジュアル効果を利用して、背を高く見せるという方法も考えられますよね。







そのうちの1つである、服装の色によって視覚効果をコントロールする技術を紹介します。



色によって背が高く見えるなんて、そんなバカな話があるのか! と疑っていらっしゃる方もおられるかもしれませんよね。



でも、これが実に効果があるんです。







色には、「膨張色」と「収縮色」といった概念があるのはご存知でしょうか。



その名の通り、膨張色は大きく見える色、収縮色は小さく見える色ということになります。



具体例を挙げますと、最も大きく見える色は白だり、最も小さく見える色は黒だと言われています。



明度によっても見かけの大きさは決まるという事実に基づいた結果です。



つまり、明度の低い色合いのものを服装に取り入れる事によって、体が引き締まって見え、結果として背が高く見えるという事に繋がります。



いつも着る服は中間色の淡い色合いのものばかりという方は、黒を中心とした寒色系のものに変えてみてはどうでしょう。







服装には個人の趣味や嗜好が直接反映されますので、いきなり中間色から寒色系に変えるのは、抵抗があるかもしれませんが、新しい自分を発見してみるという意味でも、挑戦してみると、意外と楽しいかもしれないですよ。