健康的なダイエット方法

最近、運動不足や栄養の偏りなどにより、肥満が社会問題化されています。



そこで、ダイエットに取り組む人が増えてきていますね。



テレビでも特集をよく見ますし、本にいたっては、キリがないほどたくさん出ていて、もはや流行以上と言えます。



いわば、生活の一部となっているという人も多いことでしょう。



でも、ダイエットを過去に行った、あるいは現在行っているにも関わらず、なかなか痩せない嘆いている人も多いですよね。



こうした悩みを持つ人に共通している事といえば、ダイエットに関する知識をしっかり習得しないままダイエットを行っているという点が指摘できます。



また、痩せたいとは思っているものの、ぼんやりしたイメージだけが先行しているため、具体的な目標がないという方も多いのも事実です。









ほっそりとした体になりたいと望んでいる人は多いでしょう。



ただ、冒頭でも触れましたが、肥満とは運動不足や栄養の偏りに由来しています。



これらの問題点を解決する事を前提にして始めた方が、きっとよい結果に繋がるでしょう。









体重には、BMIの判定による標準体重の他、平均体重という概念もあり、両者を混同して用いる人が多いようです。



けれど、実はこの2つは似て非なるものです。



BMIとは、Body Mass Indexのそれぞれの頭文字をとった略。



つまりは、肥満であるかどうかを判定する為の基準ですね。



このBMIに基準にした標準体重というのは、最も健康的で病気になりにくい体重とされています。



ですので、、ダイエットを行う際に目安としてよく使われるのですが、体重が病気を生じるのに、直接の原因ではない事や、筋肉の発達したアスリートさらには、スタイルを重視するモデルの場合などはもちろんあてはまりません。



ですので、単純に鵜呑みにするのは賢くありませんね。



それに対して平均体重というのは、あくまでも母集団のデータから算出された統計学的な体重ですので、趣が異なります。



この平均体重は、母集団の性質に大きく依存する性質がある為、必ずしも理想的な体重とはいえません。



しかし、身長ごとに分類された上での計算ですので、信頼性が高いといえるのではないかという見解もあります。









日本人は欧米諸国と比較してみると、それほど肥満率は高くありません。



ですが、糖尿病を筆頭とする生活習慣病にはかかりやすいといった特徴があります。



それらは内臓脂肪などが起因している事が多く、ダイエットの重要性が叫ばれているのです。



しかし、現実問題として、栄養が偏ってしまったがために太り、ダイエットに取り組んだものの、いきすぎたダイエットをしたせいで、ますます栄養が偏ってしまうという事は往々にして起こりえます。



ダイエットの目的は痩せるという事なのですが、やはり健康的でなければいけないのです。



健康的な体を手に入れようと努力したのに、不健康になってしまったというのは、絶対に避けたい道ですよね。









ですので、BMIの判定や見た目のなどの問題よりも、必要な栄養素をきちんと取り入れ、できるだけ有酸素運動を増加させる事の方が重要だというのが私見です。



その為には、まず脂肪についての知識や栄養素にまつわる知識を習得し、ご自身の身長に応じた平均体重を目安にダイエットをすることにしましょう。



ここでは、それらの脂肪や栄養にまつわるお話をコラム的にお伝えします。









私自身はBMIの判定よりも、体重に応じた平均身長を目指して取り組んだ上で、体の求める栄養素をたっぷり摂取したり、また運動量を増やしていく方が健康的であると思っています。



ですので、ほかのダイエット関連のウェブサイトと比較して、あれ?とややズレているとお感じになる方もいらっしゃるかもしれませんが、そのあたりを理解していただいたうえで、読んでいかだきますよう、よろしくお願いします。