洋なし型肥満の性質

肥満には色々な種類があるのをご存知でしょうか。



今回はそのうちの1つである洋なし型肥満についてです。









洋なし型肥満とは、皮下脂肪型肥満の別名です。



皮膚の下に脂肪が蓄積した肥満の事を指します。



主として女性に多く見られ、皮膚の下に脂肪が溜まっている状態です。



ですので、お腹をつまむ事によって、およそどれほどの厚さの皮下脂肪であるか判断できるるのです。



身長に見合う平均体重より重く、BMIの値にして25以上、そしてウエストが90cm未満でしたら、当てはまるでしょう。



一方、男性の場合は、ウエスト85未満となります。









皮下脂肪による肥満は、内臓脂肪によるものと比較すると生活習慣病などの危険性は高くはないのですが、膝や心臓に負担がかかることは否めません。



極力、有酸素運動や食生活、栄養バランスの改善をはかりまsyほう。



生活習慣病の危険性がそれほど高くないとなると、「なんだ!心配しなくてもいいや」と思う方もおられるかもしれません。



しかし、栄養バランスが崩れると内臓脂肪も溜め込む結果となります。



また、最近では運動不足の方も多いので、時間のある限り、積極的に挑戦してみる選択もよいでしょう。









身長に応じた平均体重を目安にした上で、ダイエットあるいは、運動を行い、健康な体を保っていきましょう。