身長に関わる知識とは

私たち人間の身体というものは大変不思議なものです。



では、身長というものはどういう不思議な仕組みがあるのでしょうか。







ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、人の身長は朝が一番高いのです。



朝と一言に言ってもいろいろですが、ずばり寝起きのことです。



人間の身体は横になっていると、間接の軟骨に負荷がかからない状態が保たれます。



そのため、立ったり歩いていたりしている時と比較すると、各間接の軟骨部分が伸びきっているのです。



その状態で身長を計ると、軟骨部分が伸びている分、身長が高くなるという仕組みです。



その後、起きて活動をスタートさせると、間接の軟骨部分に負荷がかかり続け、だんだん身長が低くなっていきます。







当然、この身長差には個人によって様々です。



しかし、その誤差を見込んだとしても、たくさんの人は、朝と夜の身長差を比べると2cmほどの差がでてきます。



少しでも身長が高く感じたい人は、朝に計るのをお勧めします。



しかしもちろん、これでは本当に身長を伸ばす方法とは言えませんよね。



ですが、この理屈こそが大人になってからの身長を伸ばす方法にも繋がっているのですよ。



正しい知識を身につけないと、怪しい広告や通販に陥ってしまう危険性があるので要注意です。



ですから、身長を伸ばせる数値が極端に大きい場合などが含まれているのも、用心しておきましょうね。







正確な知識を習得して、理想の身長へのアップを目指したいところです。