男女の身長差

さて、男女の身長の差ってどれくらいあると思いますか? 10cm? 20cm? 近年では、ひときわ高身長の女性もよくみかけますよね。



現在は、高いヒール靴がはやっていますし、それを履く女性もたくさんいます。



ですので、男性と女性の実際の身長というのが見た目では分かりにくいです。







それでは男性の平均身長と女性の平均身長を調べてみましょう。



文部科学省が例年行っている「体力・運動能力調査調査結果統計表」を引用します。



平成20年度の「年齢別体格測定の結果」です。



25-29歳の平均身長は、男性172cm、女性159cmですので、男性の平均身長と女性の平均身長の差は13cmです。



それでは、小学生4・5年生10歳の平均身長はというと男性139cm女性141cmとなり、びっくりすることに2cmも女性の身長の方が高いという結果です。



この調査結果をみても、男性の平均身長が女性の平均身長を上回るのは小学6年生・中学1年生の12歳以降になります。



事実、、小学校のときは女性の方が身長が高かったことを思い出します。



そして、60-64歳の平均身長は男性167cm、女性154cmとなり13cmの身長差になります。



16歳以上になると身長差はいつも10cm以上はあるようです。



しかし13cmの差というのは意外と少ないなぁと私は思いました。



ほかにもおなじ感想を持った方はいますか?