日本人の身長と栄養の関係

日本人の平均身長が伸びてきた要因として考えられるのが、「日本人の栄養状態がよくなってきたからだ」と言うことです。



では、身長と栄養の関係性はどうでしょう。









「牛乳を飲むと背が伸びる」と昔はよく言われました。



では、その理由はなぜでしょう。



もちろん牛乳には骨を作るカルシウムが多く含まれているからでしょう。



カルシウムのほかにも、タンパク質を摂取すると身長の伸びに効果的に働きます。



タンパク質は肉や魚に含まれますね。





でも、背を伸ばしたいがために、牛乳をガブ飲みしたり、先ほど挙げた肉や魚をやたらに摂取しても肥満になるだけでしょう。



注意が必要ですね。



あくまでバランスが重要となってきます。



とりわけ肉には脂肪がたくさん含有しているので、脂肪分の少ない肉を選択したり、魚の場合は、赤身を選択するよう心がけてください。



また、タンパク質は大豆にもたくさん含有されています。



豆腐や納豆など、大豆は脂肪分も少ないので摂取しましょう。









身長と栄養の関係を表しているのが、北朝鮮の平均身長ですね。



男性は165cm、女性が154cmと日本と比較してみても、大変平均身長が低いのです。



北朝鮮は栄養状態がよくないです。



ですので、このように低い平均身長であるようです。



この結果をみても身長には栄養が働いていると言えますね。