日本人と中国人の身長を比べて

日本の隣国である中国はどうでしょう。



中国へ旅行にいっても、テレビでみていても、漠然とではありますが、中国の人の身長は日本人の身長より高いと感じます。



これが気のせいなのでしょうか。



お隣の中国人の身長と、日本人の身長を比べてみます。





中国人の平均身長は男性が170cmで女性が159cm。



日本人の平均身長が男性172cm、女性が159cmです。



ですからそれほど大差はないのです。



でも、中国人の身長が高いように思える理由はどこかにあるはずですよね。



その理由として考えられるのは、中国では都市部の人々の身長が田舎の人々の身長より数cm高いという結果です。



私たちが目にする中国人は都市部の人々が多いので、比較的身長の高い中国人であるのだと推測できますね。



この都市部と田舎の身長差というのは、やはり栄養状態の違いなどがが考えられます。









そして興味深いのが、中国の平均身長と日本の平均身長、どちらが高いのかというのが中国で大きな問題になっているのです。



日本人の方が小さい印象がある、という理由でしょうか、少しでも日本人の平均身長が高かったときには、中国にて「ショックだ」として報道されたそうですね。





そして北京五輪の際の調理師試験には身長の制限があったそうです。



男性は165cm女性は155cm以上の身長が設けられていたようですよ。