日本人の身長の推移を見る

「近頃の若い子は身長が高いなぁ」とか「近頃日本人の身長って昔より高くなったのではないか」とか感じることはないでしょうか?現在の平均身長をみても、それほど欧米の各国との平均身長に大差はないのです。



日本人の身長は昔よりも高くなっていると考えてよいでしょうか。



では、日本人の身長の推移はどうでしょう。









男性の平均身長の推移をみると、1927年の平均身長は160cm、1979年の平均身長で169cm、1988年で170cmとなっています。



今の日本人男性の平均身長が172cmです。



ですので、平均身長が90年前より10cm以上も伸びているといえますね。





確かに、自分のおじいちゃん、おばあちゃんの頃の身長を見てみると小さいと感じます。



この100年未満の年月で、平均身長が10cmも伸びる人間の変わりようには驚いてしまいます。



やはりこの平均身長の伸びも、栄養状態が関連してそうに思います。



近ごろの日本人の平均身長の伸びは鈍くなってきているとも言われています。



バランスのとれた栄養や運動、睡眠をしっかりとればどんどんと平均身長も伸びていくのでしょうか。



これから先の100年でまたさらに10cmも平均身長が伸びたりするのでしょうか。



どんな変化を遂げるのかと想像すると面白いですよね。