日本人の平均身長は?

突然ですが、あなたは自分の身長が高いか低いかをはかるとき、一体、どこに基準を設けていますか?



多分9割方の方が学生時代、学校で配られた平均身長値を基準にしているものと思います。



平均身長はその人の年齢、学年の基準値として認識されています。



どこの学校でも、保健室の中や外の掲示板に「平均身長一覧」なるものが張り出されていたりしますし、身長をはかる時には、平均身長からプラスマイナス何センチといったことはよく話題になりますね。



平均身長はまさに日本人の成長の基準であると言えます。







では、日本人の平均身長はいつごろから計られてきたのか知っていますか?一番古いデータは、なんと昭和33年のものです。



昭和33年は一体どのような年かと言いますと、あの長嶋茂雄さんが公式戦デビューを果たし、東京タワーが完成した年です。



日本はいわゆる高度成長期真っ只中。



テレビ放送が普及し、ロカビリーやフラフープが大流行した年です。



そんな頃、日本人は自分たちの背の高さに基準を求めはじめたのかもしれませんね。





敗戦の傷から立ち直ろうとした勤勉で実直な日本人は、高度経済成長に入った時、ふと自分たちの身長が時代によってどのように変化しているのか。



衣食住の環境整備が進んでいく中で、どのように変化するのかに興味を持ったのでしょう。



つまり、私達の成長はこれから一体どこに向かうのか…というようなことを。



とにもかくにも昭和33年から現在にいたるまで、日本人の平均身長は記録され続けており、多くの学校・職場等で基準値として利用されているのです。







さて、ここから先は、この平均身長の変化から様々な事象を読み取っていきましょう。



たとえば環境や生活の変化、また時代背景などの点から見て生きたいと思います。





日本人の平均身長を世界的に見た場合、そして、今後の変化予想もできればと思います。







昔に比べ、私たち日本人は、健康に生活できるようになってきました。



基本的にアジア人の身長は欧米人に比べると大きくありませんよね。



大昔から欧米人に比べて「小さい」という事実は今現在でも変わっていません。



でも、どうしてでしょうか? これは食生活の違いや人種の違いなどと言われてきましたが、それだけではなく、内臓の作りの為という説もあります。





日本人をはじめとする黄色人種は、欧米人に比べて腸が長いということは、どこかで聞いたことがあると思います。



もともと日本人が属する黄色人種という人種は、動物性たんぱく質よりも植物性たんぱく質を多く摂取する民族でした。



これは、先祖代々続いてきたことです。



植物性タンパク質は動物性たんぱく質とは異なり繊維質を多く含みます。



消化が悪く、栄養価も低い為、黄色人種の背の高さは白色人種よりも低いと言われてきました。



ちなみに欧米人と日本人の腸はなんと約1.5メートルも長さに違いがあるのです。



これは植物性たんぱく質は時間をかけて消化する必要があり、有効に体に栄養素を取り込むためのことだと言われています。



その分内臓を動かすだけで、使用する基礎カロリーが欧米人よりも日本人などの黄色人種の方が自然と多くなるのです。



余談ですが近年の食文化の欧米化によって日本人の大腸癌のリスクが上がっているという驚きの事実があります。



これはそもそも腸の長い日本人の食事が欧米化してきたことで、大腸に悪玉菌がたまりやすい状態ができ、大腸癌キャリアが増えてしまったのです。



これはあくまでも余談ですが。







食生活や食環境の変化はそれぞれの異なる時代において、身長変化を生み出してきました。



身長変化といっても、ただ、一概に常に身長が伸び続けてきた訳ではなく、高くなったり低くなったりを繰り返しながら現在の平均身長になったのです。



では、今後の変化について予測をすることはできるのでしょうか。





時代の変化と共に、人の身長が変わってきたのなら、身長の変化と時代の変化は連動している、と言えそうです。



つまり、人間の体にそれほどの大きな変化が起こっているならば、その変化に上手く乗っていけば身長は確実に伸び続けることができる、そう考えることはできないでしょうか?