なぜ平均身長を取るのか

さて、昭和33年から今まで、長い時間をかけて平均身長が取られてきた事は前述の通りですが、ではなぜ平均身長はこれほど長く取られ続けてきたのでしょうか。





一般的に、統計を取ったり、平均値を出したりする場合、ある程度中長期的なデータが必要となりますよね。



平均身長に関しても同じことが言えます。



なぜなら、中長期的に取ったデータこそが信頼性の高いデータという扱いを受けるのです。







ただ、点数の平均や、何らかの実験で何回中何回が成功か…といった統計とは異なり、身長や体重といった人間の変化が伴うものの場合、生まれた年も学年も違ってくるという点も考慮しなければなりません。



同じ学年でも4月生まれの子と早生まれの3月の子とでは1年近くの差がありますし(一部ではこの4月から翌年3月生まれまででクラス編成や統計を出して、果たして適切なのかという指摘も出ているほどです)一概にこれが平均値という言い方はできないという見解もあります。



あえて言うのなら、目安値とするのがよいでしょうか。



その目安値を考える上で学年割で何かと考えられるという風に割り切った方が適切なのでしょう。





少々脱線してしまいましたが、とにもかくにも、データを取り続けると言う事は同時に年代別で分けて考えないと正確な数値はたたき出せないという結論が出てきます。







つまり、中長期的に結果をみる為には、かなり以前のデータから年齢幅を決めて平均を出し続ける必要があるのですp>