子供の成長と平均身長との関係

平均身長は、あくまで「平均」です。



ただ、その平均が基準として扱われていることも間違いなく事実なのですが・・・。



子供の身長を見るとき、親は必ず平均値を基準にその子の背を考えます。



学校でも平均値を基準にして身長をとらえています。





しかし、冒頭でも触れましたが、これはあくまで平均であるという事を忘れてはいけません。



というのも平均以下だから低身長だという極端な解釈に走ってしまうからです。



前項まででお話した通り、同じ学年の子供であっても、1年の成長差があって当然しかるべきです。



脳・体・心、そのすべての発達において、1年の差が発生することを忘れてはならないのです。







「この子は身長が低い。



でも、早生まれだから少々低くともこれから雨後のタケノコのように大きくなるに違いない」と、身長をほかの性格と同様、その子の個性だと認めることは大変重要だといえます。



また同時に子供に過剰なストレスをかけることなく、伸び伸びと大きく成長することを妨げないことに繋がるのです。





医療技術の発達により、現在は食の環境も健康管理をするにも以前より容易になりました。



でもその分、あらゆる出来事に過剰反応しやすくなったこともまた否定できません。



「唾付けときゃ治る!」そう笑い飛ばし、「ちょっと小さいからって何だってんだ!」という気持ちで立ち向かう。



平均身長はあくまで目安として考える事ができれば、日本人はきっと色んな意味でもっと大きくなることができるのではないでしょうか。