身長が伸びる方法

私たちは、出生時、身長は約50cm程度であることが多いといわれています。



しかし成長するにつれ、女性の場合には150cm前後、男性の場合には170cm近くまで成長します。



では身長はどのように伸びるのでしょうか?







私たちの身長が伸びる理由は、ずばり骨です。



身長が伸びる=骨が伸びるという言葉に置き換えることができるとされています。



骨の両端には骨端線と呼ばれる組織があります。



骨端線というのは軟骨で構成されていますが、この部分は膨らむことが可能です。



骨端線が膨らむことで、骨は長くなっていきます。



ということが、最終的には身長の伸びるという形になって現れます。









骨端線というのはずっと膨張をし続けるわけではありません。



そのような性質はないのです。



普通は一定の年に達すると、膨張する運動が終わります。



男性の場合には15歳から18歳のあたりまで、女性の場合には13歳から16歳あたりで膨張が鎮まるとされています。



ちょうど思春期の終焉が、骨端線の膨張の終息のタイミングと重なります。









人によって、身長の高低に差が生まれます。



身長に差がでるのは、思春期のタイミングの差異だといわれています。



万が一思春期を迎えるタイミングが遅れてしまうと、さしひいて身長が伸びる期間が短縮されます。



このため、身長があまり伸びなくなってしまうわけです。









身長を伸ばすためには骨端線の膨張が不可欠です。



この骨端線の膨張には、様々な要素によって促すことが可能です。



まずは成長ホルモンの存在は欠かせません。



成長ホルモンは、私たちが毎日出しているホルモンの一つの種類です。



成長ホルモンにはほかのホルモンの分泌を活発にする作用があります。



そして活性化されたホルモンが働くことによって、骨端線の膨張を促進し、身長の成長を導きます。









よって身長を伸ばすためには、どのようにして成長ホルモンの分泌を促進が可能かということが欠かせないポイントです。



成長ホルモンの分泌を促すための要素は様々あります。



しかも毎日の暮らしに注意を払うことで、どれほどでも成長ホルモンを分泌させることが可能なのです。



また他にも骨端線を膨張させる手段はありますが、とりわけ医療行為に頼ることなどしなくても、少しの生活の工夫によっていくらでも膨張できるのです。









骨端線は子供時代にいちばん膨張が活発になるようです。



ということは、子供のころに様々注意を払うことが身長を伸ばすことを導きます。



ですから子ども本人が身長を伸ばすことに対して注意を促進するというよりは、両親が子供の毎日の暮らしに注意を払うことが大切です。



この頁では、身長を伸ばすために必要なことについていろいろと紹介しましょう。



どちらにしてもそんな困難なことではないのです。



むしろ、生活習慣のなかで体によくないと思うことを避ければそれでよいのです。



生活習慣を改めることにで、生活習慣病を筆頭とするあらゆる危険性を軽減することが可能です。



身長を伸ばすことを気にすれば、より健やかな暮らしを送ることが期待できます。



だから、身長を伸ばす方法を習得するのは、ほかの健康面での得にも繋がります。



いわば一石何鳥にもなることができる可能性を含んでいるのです。



ぜひとも、これからお話しする身長が伸びる方法をおさえてください。