身長の伸びと夜食の関係

近ごろの子供はよく夜更かしをしますね。



遊びが理由の場合には改めるべきですが、試験勉強でどうしても、という場合も増加しているようです。



そこで登場するのが夜食です。









深夜まで起きていると、どうしてもおなかがすきますよね。



そこで夜食を食べておなかの空腹感をおさえます。



しかし夜食をとるということは、決して身長の伸びにとってはいい影響にはなりません。









身長を伸ばすため成長ホルモンの分泌は欠かせません。



成長ホルモンは、普段は睡眠中にいちばんたくさん出るとされています。



しかし、とりわけ就寝をする前に夜食をとることによって、成長ホルモンの分泌を鈍化してしまう恐れが否めないのです。



成長ホルモンの分泌を高めるには、血糖値の下がった状態でないといけないとされています。



しかし夜食の直後は血糖値が急に伸びてしまいます。



そのために成長ホルモンの分泌がおさまってしまうのです。









せっかくの睡眠の時の身長の伸びを無駄にしないためにも、夜食をとるときには、就寝するよりもはやめに食べるようにしましょう。



もし、可能であれば夜食を我慢するのがいいですね。