成長ホルモンと身長

子供の成長期は2回あるのが一般的です。



小学校の3〜4年にかけての1回目と中学から高校にかけての2回目です。



成長期の現象として有名なのは、身長の伸びです。







とりわけ男性は成長期にぐんと一気に身長が伸びる人がたくさんいます。



成長期には男性は1年で平均して7cmほど伸びることも珍しいとはいえないほです。



また現在では男子の平均身長の昔とを比較すると、伸びる方向にあるようです。



では、身長を伸ばすためにはどんなことが関わってくるのでしょう?





通常、成長ホルモンというホルモンが重大な役割を果たしていると言われます。



成長ホルモンは脳下垂体という脳の一部分から分泌されていmさう。



成長ホルモンは分泌をされると血液などに乗って肝臓へといきわたります。



肝臓へ運ばれると、様々な物質の合成を促すように作用しはじめるのです。







成長ホルモンを作るのを促す物質のにはいろいろあり、たとえばその中でソマトメジンCという物質もあります。



ソマトメジンCも私たちが分泌をしているホルモンの一つの種類です。



このソマトメジンCという物質。



実は身長を伸ばすキー的な役割を果たしているんです。



ソマトメジンCは血液に乗って体中の骨に行き着き、作用をはかります。



ソマトメジンCは主として、軟骨組織と呼ばれる期間で作用するのです。



ソマトメジンCには軟骨組織に対して細胞を増殖する効果があると言われています。



軟骨組織の働きが活性化してくると骨が長く伸びます。



そして、骨が長くなることによって、身長の伸びを導いてくれるのです。







身長が伸びる期間というのはある一定の時期だとされていますよね。



もちろん人種などによっても異なるでしょうが、日本人の場合には高校2年制前後までが身長を伸ばす期間だ一般的には言われています。



理由としては、骨です。



骨には骨端線があります。



この骨端線のあるなしによって、骨がその後も伸びていくかどうかが決定されます。



つまり骨端線がなくなってしまえば、骨の伸びを期待することが困難になり、身長の伸びもほぼ止まってしまうというのが常識とされています。



また、骨端線はレントゲンによって確認可能です。



病院の中には、骨端線の有無を検査するところありますよ。







成長ホルモンには個人差があり、人によって分泌の量、あるいは分泌の量が増加するタイミングの速い遅いも異なります。



もし成長ホルモンの分泌に問題があると、身長の伸びもなかなか思うようには進みません。



成長ホルモンが正常にはたらかず、身長が低くなっている場合には、ホルモン投与治療を行うことになります。









その一方で、成長ホルモンは医学的な力を借りなくても分泌を促進する方法とはたくさんあります。



日々の暮らしのなかでのほんの少しの工夫で、分泌量を増加させることは期待できます。



仮に、わが子の身長を伸ばしたいと願っているご両親や思春期の手前になってあらゆる自意識が生まれ、身長にコンプレックスを抱き始めた人は、ぜひとも成長ホルモンの分泌を促進する生活スタイルに切り替えましょう。







ここでは、成長ホルモンを効率的に分泌できる方法を取り上げます。



それも容易で、今すぐにでもできるする方法だけを紹介することにします。



とりわけ、いまどきの子供は昔の子供とはまったく違う生活スタイルのなかにいるケースも多いです。



今の生活スタイルが成長ホルモンの分泌を妨げ、その結果、身長の伸びを阻害している場合もあるようですから、自分の生活習慣について反省をするチャンスともいえましょう。