睡眠と身長

身長を伸ばすためにはたっぷり睡眠をとることは、欠かせません。



成長期では睡眠中にぐぐぐと身長が伸びます。



この時、骨の伸びが急なときにはきしみを感じて痛みを訴える人もいるくらいです。







寝ている間に身長が伸びる原因として、成長ホルモンの存在が注目されます。



成長ホルモンは寝ている間に、その分泌の量を多くするという特長があるのです。



しかも、成長ホルモンの睡眠中の分泌量についていうと、大きな波のように変化するということが、近年の研究によって分かりはじめています。



もちろん個人差がありますが、通常でしたら、一日の睡眠で3〜5回の成長ホルモン分泌の頂点があるようです。







もちろん、睡眠時間が長くなるほど、成長ホルモンの分泌の頂点がより多くやってくると言えます。



ということは全体としても成長ホルモンの分泌量もアップするのです。



ですので、身長の伸びもその分期待できるでしょう。



もし身長をできるだけ高くしたいと望むのなら、睡眠時間を極力、確保するように心がけましょう。



最近では夜更かしの誘惑も多いですができるだけ自己管理を徹底し、身長の伸びのために準備してくださいね