低身長の要因

年齢別の平均的な身長よりも非常に低い人がいます。



彼らは低身長という症状にかかってしまっている可能性大です。



低身長にかかってしまうには、理由がいくつか挙げられます。







まずホルモンが正常に働かないことによって、身長が年齢の割には伸びないということが挙げられます。



身長を伸ばすには成長ホルモンが分泌しないといけません。



ところがある理由によって、成長ホルモンの分泌がきちんと機能しないケースがあります。



この場合には年齢相応の身長になりにくいのです。







また身長の伸びについては、驚くことに、精神的な面が起因していることもあるのです。



例を挙げましょう。



子供がまだ小さい自分に両親が離婚をしてしまって家族の崩壊を経験するというときをみてみましょう。



このような場合、子どもの身長が伸びにくくなるとと言われています。



精神的な理由によって身長が伸びないということは医学的にも明らかです。



愛情遮断症候群という症状名まであるんですよ。







身長が伸びるということは、骨が強化されていることが挙げられます。



ということは低身長の人は骨におかしなことが出ていることも考えられるでしょう。



軟骨異栄養症という病名が付けられることもありますが、この場合にも低身長と言えます。