年齢と成長ホルモンの関係

身長はある一定の時期に劇的に伸びることは周知の事実です。



はじめは、小学校の中学年ごろになって急に身長が伸びます。



次の時期は、中学から高校にかけてです。



このときも身長が急に伸びることがあります。



とりわけ後者の時期は、男性の方にすさまじい伸びの傾向が見られます。







このように一定の年齢で、劇的な身長の変化が見られます。



年齢と身長の伸びとがこれほどまでに深く関わっている理由は、ずばり成長ホルモンです。



成長ホルモンは私たちが分泌しているホルモンの一つの種類です。







成長ホルモンはいろいろと役割を担っています。



原則としては、細胞の再生を活性化させ、若々しい状態を保つ働きがあるのです。



その中の一つに身長を伸ばすという働きがあります。



成長ホルモンが骨を作る組織に刺激を与えます。



そして、骨を作るペースが速くなりのです。



このため、どんどん身長を伸ばすことが可能になります。







成長ホルモンの分泌ですが、実は一定のタイミングで分泌がピークになることが明らかになっています。



それが上述の身長が特に伸びるタイミングと重なるのです。



成長ホルモンの分泌は、もちろん人それぞれです。



なかには年間で20cmも伸びる人も存在します。